妊娠はじめてガイド

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったことも多いそうなんです。

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は得てして不足しやすいという特徴があります。一般的な食事では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも見かけますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することがポイントです。

不妊かなと思ったときには、基礎体温計測から始めてみましょう。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体の状態というのがよく分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。基礎体温表を作るには、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」という決まりがあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗と共に体外に排出され、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
http://xn--jp-xi4a8dydq112d9jta.xyz/
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにしてください。